十代の感情、剥き出しの咆哮。君と僕だけの世界。

赤色のグリッター
『傘から見た景色』

ROJR-0032 定価 ¥1,200+税
2014.6.18 リリース
 
                                
レコチョク mu-moORICON
STYLE
ドワンゴ
  • 1. 願い事
  • 2. ハナミズキ
  • 3. ルカ
  • 4. あのね、きいて?
  • 5. 昨日ノコト

ディスクレヴュー

出口なき孤独もロックで活写する、若き新鋭のリアルな歌と音

「青春的な音楽」というのは一般的にはセンチメンタルだったり甘酸っぱかったり弾けんばかりに爽快だったりする楽曲に対して使われる形容だが、青春時代がセンチメンタルだったり甘酸っぱかったりするのはあくまでフィクションの世界であって、実際にはほとんどの人にとっては「傷付くことを恐れるナイーヴさ」と「それゆえに相手に届かない想い」がせめぎ合いコングロマリット化して渦巻く、孤独で出口なき季節である(あった)はずだ。そして同時に、触れるだけで心が痛いくらいに疼いて仕方がないそんな感情をリアルに音楽にするには、ソングライターの手腕やサウンドとしての「虚飾のなさ」以上に、目の前にあるもの/心の底から湧き上がるものと真っ向から向き合う意志が必要とされる。「青春的な音楽」が真にリアリティを獲得するのが難しいのは、まさにその「逃げない意志」が最大の踏み絵になっているからに他ならない。しかし、『COUNTDOWN JAPAN 13/14』で初めてライヴで体感した、この赤色のグリッターというバンドの歌と演奏は、そんなハードルをあっさり越えて、その音に触れた瞬間に聴いている自分の感情を「あの頃」に引きずり戻し、激しく揺さぶってきた。

 千葉・柏発の新鋭4人組・赤色のグリッター。2012年12月結成、幾度かのメンバー・チェンジの末に佐藤リョウスケ(Vo・G)/鈴木陸生(G・Cho)/渡辺明日香(B・Cho)/クラカズヒデユキ(Dr・Cho)という現在のラインナップで本格的に活動を開始したのは今からほんの1年前、2013年7月のこと。その後、アマチュア・アーティスト・オーディション『RO69JACK 13/14』で堂々優勝、2013年12月に行われた『COUNTDOWN JAPAN 13/14』の2日目・COSMO STAGEに出演を果たした時は、メンバーのほとんどがまだ高校生だった。その後、スペースシャワー新人発掘オーディション『Day Dream Believer』でもグランプリを獲得、今年3月にはKANA-BOON/キュウソネコカミ/SHISHAMO/go!go!vanillasが集結した『スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2014』のツアー・ファイナル:東京・赤坂BLITZ公演でオープニング・アクトを務めている。現在も自主企画イベント『世界は赤色』をはじめ積極的にライヴ活動を展開している赤色のグリッターの第1弾音源が、6月18日にリリースされた1stミニアルバム『傘から見た景色』だ。

 そぼ降る雨音のイントロから、《僕じゃダメですか?/君のコトがこんなに好きなのに。》という煩悶が佐藤の熱唱とともに胸に迫るロック・バラード“願い事”。あふれんばかりの情熱と今この瞬間の儚さを、疾走感あふれるバンド・サウンドと《聞いてよ ハナミズキ その薄紅色の小さな愛は/いつかは 枯れてしまうの/それでも私は貴方に恋をした》というフレーズに託した“ハナミズキ”。エモーショナルなメロディ越しに、嘘ばっかりの言葉と日々の中で必死に「本当」を探す想いを描く“ルカ”。軽快なビートとクラップが印象的な“あのね、きいて?”に封じ込めた、「ふたり」の夢のような時間――を打ち消すように雨の音が再び響く。そして、《ごめんなさいが言えなかった》ゆえに不器用にすれ違い行き場を失った気持ちを、オブラートに包むことなく吐き出した“昨日ノコト”……今作に収録された楽曲はすべてメンバーが高校生の時に作られたものであり、赤色のグリッターの楽曲が濃密な「青春性」を帯びているのも、彼ら自身の若さゆえという部分が大きいと思う。が、彼ら自身が直面する命題に対して真正面から対峙し、1mmのブレも歪曲もなく音楽としてアウトプットする意志と才気を持ったバンドであることは、この『傘から見た景色』の5曲が何より雄弁に証明している。これから活動の場を広げ視野が大きくなるにつれて、「ありのまま」を揺るぎなく活写する佐藤の筆致と4人のアンサンブルはさらに進化を遂げていくことだろう。そんな期待を抱かずにいられない力作だ。(高橋智樹)

プロフィール

Vo&Gt:佐藤リョウスケ
Gt&Cho:鈴木陸生
Ba&Cho:渡辺明日香
Ds:クラカズヒデユキ
2012年12月、千葉県柏市にて結成。2013年7月に現在のメンバーとなり、本格的に活動を始める。9月には1st SINGLEから”願い事”のPVを公開し、10月に行われた柏616での2ndシングルレコ発ライブを成功させる。同年12月、ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティスト・コンテスト『RO69JACK 13/14』で優勝し、COUNTDOWN JAPAN 13/14で幕張メッセのステージに立った。
2014年1月には、SPACE SHOWER TV主催の新人アーティスト発掘オーディンション『Day Dream Believer』でもグランプリを獲得、3月に「スペースシャワー列伝JPAN TOUR 2014」にオープニング・アクトとして出演、その世界観と存在感で観客を魅了した。
赤色のグリッター 公式サイト akaironoglitter.com

ムービー

COUNTDOWN JAPAN 13/14出演映像
RO69JACK 13/14 ライヴ収録映像