見えない未来を照らすように 響きはじめる

LAMP IN TERREN
『PORTAL HEART』

ROJR-0033 定価 ¥1,500+税
2014.6.25 リリース
廃盤商品
  • 1. portrait
  • 2. ランデヴー
  • 3. Sleep Heroism
  • 4. 雨中のきらめき
  • 5. メトロポリス

ディスクレヴュー

凍える魂を「その先」へ導く、ギター・ロックの希望そのもの

 およそギター・ロックという表現が体現してきたロマンそのもののような、ソリッドで切実でアグレッシヴなバンド・サウンド。冷徹なまでの批評眼に満ちていながら、懸命に人間と「今」を肯定しようとするかの如くエモーショナルに突き上げる松本大(Vo・G)の魂の絶唱……「2013年12月にアマチュア・アーティスト・コンテスト『RO69JACK 13/14』の優勝とバンド・オーディション『MASH FIGHT!vol.2』のグランプリを同時に獲得」という華々しいニュース以上に、その楽曲そのものによって一躍シーンの熱視線を集めている長崎発の新鋭バンド=LAMP IN TERREN。彼らにとって初の全国流通盤となる1stミニアルバム『PORTAL HEART』の5曲には、彼らの音楽が今なぜ熱烈に求められるのか?の理由が高純度で凝縮されている。

 松本大(Vo・G)、中原健仁(B)、川口大喜(Dr)による3ピース・バンド、LAMP IN TERREN。その物語は2007年、中原が中学3年生当時に結成した前身バンドに、同級生の松本が加入したところから始まる。その後、メンバーの脱退や活動休止を経て、地元の友人・川口が加入して現ラインナップが完成したのが2011年のこと。2012年、バンド活動の本格化にあたって、ラテン語の「terra(星、大地)」を捩った造語に「この世の微かな光」という意味を託した新たなバンド名「LAMP IN TERREN」を命名。同年9月には自主制作音源『voyage』をリリース、2013年7月には自主企画ワンマンライヴ『BLUESYARD』を開催&会場限定シングル『Song from BLUESYARD』を発売……という彼らの「前号までのあらすじ」的なバイオグラフィーを辿ることでは追いつけない彼らの確かな闘志を、今回JACKMAN RECORDSから6月25日にリリースされたミニアルバム『PORTAL HEART』の歌とサウンドから――もっと言えば1曲目“portrait”の最初の1コーラスからでも感じることができるはずだ。

 《例えば 目を覚ましたその朝に/僕が僕じゃなくても不思議じゃないだろう》――「当たり前」に続く灰色の日常とそれを黙認する自分に異議を唱えるようなフレーズを、あふれんばかりの衝動と焦燥感に打ち震える声で歌い上げる松本の声で始まる“portrait”では、力強い疾走感あふれる3ピース・ロック・アンサンブルとともに、サビで《このまま 解けず終いの謎を/このまま解かないでいれば/生きる意味すら見失うだろうな/僕を探す旅をしている》という、「今まで」の懺悔と「これから」への決意を同時に突き上げるような言葉を高々と掲げ、リスナーの背中を勢いよく押してみせる。「今」の充実感を謳歌し、多幸感を共有するのではなく、自分も含め不確かなものに対して的確に言葉の刃を向けながら、その歌と音に触れた者を「その先」へと導いていく、そんな意志に満ちた名曲だ。

 前述の限定シングル『Song from BLUESYARD』にも収められていた、清冽なスケール感に満ちたライヴ・アンセム“ランデヴー”。躍動感あふれる風景の中で、必ずしもイコールにならない「真実」と「正義」の位置関係に苦悩する“Sleep Heroism”。街での暮らしを塗り潰す寂しさを《心が建てた街は 雨が満たしていて/滲んだ空は きらめいていた》という歌詞とメランコリックな音像に重ねた“雨中のきらめき”から、《どんなに広い世界も 僕の世界はひとつだけ》と「今、ここで闘う覚悟」を涼やかなサウンドと逞しいヴォーカル越しに歌い上げる“メトロポリス”へ……誰もが抱える孤独な心の在り処をシビアな言葉で探し当てながら、研ぎ澄まされた楽曲とサウンドで目映い地平へと連れ出してみせる。彼らの進化はまだ始まったばかりだが、その行く先を一瞬たりとも逃さず見つめていたい――と思わせるマジカルな力が、LAMP IN TERRENの音楽には確かに宿っている。(高橋智樹)

プロフィール

Vo&Gt:松本 大
Ba&Cho:中原 健仁
Ds:川口 大喜
2007年、長崎県にて当時中学3年生の同級生で結成。メンバーの脱退・活動休止を経て、2011年、現在の3ピース編成となり、 東京での活動を本格化させる。 ​2013年12月、ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティストのコンテスト「RO69JACK 13/14」とMASH A&Rのオーディション「MASH FIGHT Vol.2」で共にグランプリを獲得。年末に幕張メッセで行われた​「COUNTDOWN JAPAN 13/14」、大阪城ホールで行われた「READY SET GO!」にそれぞれ出演した。
ラテン語の「terra(星、大地)」を捩った造語であるこのバンド名は、「この世の微かな光」を意味し、音楽でこの世界に明るい光を もたらしたいという彼らの願いと意志が込められている。 ​
LAMP IN TERREN 公式サイト http://www.lampinterren.com/