ポップ、ロック、パンク…
あらゆるジャンルを突き抜ける“キュートな反抗”ここにあり

MixoL’e
『DRiNKBAR』

  • 1. HappyENDじゃ終わらせない!
  • 2. OSentiMentaL
  • 3. 僕と意味
  • 4. 我が儘シャーデンフロイデ
  • 5. liquidLIQUID
  • 6. 【Secret Track】 (※この曲の試聴音源はありません)
>スマートフォンからの音源試聴はこちら


ディスクレヴュー

パンキッシュな極彩色ポップ、焦燥と衝動のスリル

あたかも幼い子供が全身でポップを体現するかのような歌声で掲げる、現実への違和感と焦燥感あふれるパンキッシュなリリック。
痛快なまでにジャンクでカラフルな世界観越しに、《ハッピーエンドで終わりたいなら/ナニカ壊れても良い覚悟だ/オモチャ箱は卒業して》(“HappyENDじゃ終わらせない!”)と思わぬ角度から核心を突いてくる鋭利な視線。
変幻自在なバンドアレンジにも、時折挿入されるチープなキーボードの音色にも、その隅々にまで衝動直結のバイタリティを注ぎ込んで見せる楽曲とアンサンブル。
それらのどの側面を切り取ってみても胸が高鳴るし、目が離せない。MixoL'e(ミックスオーレ)とはそういうバンドである――ということを、初の全国流通盤となるこの1stミニアルバム『DRiNKBAR』は明快に伝えてくる。

2016年4月、当時まだ高校生だった紅一点=たみ(Vo・G)を中心に活動をスタートしたMixoL'e。その年の夏にはロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で見事優勝を飾り、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」へ出演を果たしている。
上記コンテストのプロフィール(3人編成)、RIJF出演当時(ベースが加わった4人編成)、今作の制作時(ギター&ベースが脱退して2人編成に)――と短い期間でもメンバーのラインナップが次々に変わっているMixoL'e。だが、それは裏を返せば、バンドとしての盤石な形が固まる前の早い段階でその存在にスポットライトが当たったということであり、MixoL'eの音楽が最初からポップの躍動感と訴求力を備えていたことの証でもある。

そんなMixoL'eの最大の魅力はやはり、たみが紡ぐ楽曲と歌詞が描き出す、制御不能な少年性/少女性の危うさと崖っぷちの哲学が背中合わせに存在する、極彩色の切迫感だ。
《僕正当化するの疲れちゃった/朝も夜もぎゅっと抱きしめれば/別にいいかなって思えてさ☆ミ/ほら違う真昼だよ》(“我が儘シャーデンフロイデ”)
《言葉は難しいけど/取り繕うより創るより考えるより/手を繋いでいたいな》(“liquidLIQUID”)
喜怒哀楽その他もろもろの感情渦巻く己のカオスをシビアに言い当てながら、あっけらかんと突き抜けるようなハイトーンを聴かせるたみの歌は同時に、なけなしの希望へ向けてエンジン全開で挑むようなポジティビティをも放射している。やはり目が離せない。

現在はたみ&けーいち(Dr)のふたりに加え、サポートメンバーとして活動してきた菊地椋介(G)と石原健至(B)が正式加入、再び4人編成で新たなスタートを切ったMixoL'e。あまりにスリリングで眩しい「その先」の世界を、ワクワクしながら見届けていただきたいと思う。(高橋智樹)

プロフィール

Vo&Gt:たみ
Dr:けーいち
Gt:菊地椋介
Ba:石原健至
2016年4月活動開始。2016年7月「RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で優勝し、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016に出演した。新時代のアーティスト発掘育成プロジェクト「ラフ・ダイアモンド」にて「ラフ・ダイアモンド・メンバーズ」に選出される。『ビクターロック祭り番外編「Dog Run Circuit」Supported by Eggs』など多数のイベントに出演。幾度かメンバーチェンジを経て現体制になる。

●ライブ情報
MixoL'e『DRiNKBAR』レコ発企画
「MixoL'eのみんなでできるもんっ!!〜楽して焼肉食べたい〜」
出演:MixoL'e、ぽわん、無礼メン、ロビーは1階、おはよう、また会ったね(O.A)

日時:7/8(土) 開場17:30 開演18:00
会場:学芸大学メイプルハウス(B-stage)
チケット:前売り券¥1500 当日券¥2000

mixole 公式サイト http://popbandodayo.wixsite.com/mixole

ムービー

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 出演映像
RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL ライブ収録映像