今いちばん新しい日本のロック、16曲。
ロッキング・オンの音楽サイト、RO69のコンテスト「RO69JACK」優勝・入賞アーティスト、16組の音源を収録したコンピシリーズ・第8弾!

JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.8
『RO69JACK 12/13』

ROJR-0030 定価 ¥657+税
2013.11.6 リリース
rockin'on storeで購入
【送料無料化のお知らせ】
rockin'on storeでは12月19日(木)0:00よりストア内のすべての商品について、全国一律で送料を無料とさせていただくことになりました。詳しくはこちらをご覧ください。
Amazonから購入 iTunesから購入

  • レコチョク

  • mu-mo

  • ORICON STYLE
  •  
  • 1. ainamania 『喪失』
  • 2. 青空教室 『魔法のカーテン』
  • 3. Alisters 『Sliding Side Face』
  • 4. Welcome Toxicity 『JUICY MOUTH』
  • 5. KANIVArhythm DANCE CLUB 『Sabotage』
  • 6. Qaijff 『future』
  • 7. Super Spreaders 『ライト』
  • 8. NOGIKU 『ダイヤモンドダスト』
  • 9. The nonnon 『Sally』
  • 10. ハウリングアンプリファー 『ナンバー7』
  • 11. the Hedgehog 『samsara』
  • 12. ポラロイズ 『風の歌』
  • 13. Menoz 『現代のケモノ』
  • 14. ヤミアガリ 『アウトサイド』
  • 15. RAGOUT 『嘘吐きの世界』
  • 16. ROLLICKSOME SCHEME 『SHE:ME』

ディスクレヴュー

ロックの「これから」を指し示す羅針盤

メジャー・シーンで活躍するバンドを含め多くの精鋭バンドを輩出してきた、アマチュア・バンド・コンテスト=「RO69JACK」。その入賞楽曲を集めたコンピレーション・アルバムも、2009年の第1弾から数えて今回で実に8枚目となる。「夏の『ROCK IN JAPAN FES.』または年末の『COUNTDOWN JAPAN』への出演」&「RO69の運営するインディ・レーベル=JACKMAN RECORDSからのCDリリース」を目指してしのぎを削った新鋭たちの楽曲を収録したコンピ盤、という通り一遍の説明よりも、はっきりと「新時代のロックの宝庫」と呼ぶほうが相応しいーーそんな手応えと期待感が、昨年秋〜冬に開催された「RO69JACK 12/13」の入賞アーティスト計16組の楽曲の1音1音からあふれ出してくる。そんな1枚だ。
ソリッドなギター・ロックの美学/麗しの歌メロ/多彩なアイデアが4分間に凝縮された、ainamania“喪失”。70年代ニューミュージックから現在までの良質なポップ・ミュージックのエッセンスだけを結晶させたような、青空教室“魔法のカーテン”。クール&ハイブリッドな質感の音像とファンキーなうねりに満ちたリズムが心地好い、Alisters“Sliding Side Face”。弾むようなメロディと極彩色のアレンジでダンス・ミュージックの高揚感をアップデートするWelcome Toxicity“JUICY MOUTH”。挑戦的なフレーズが、エッジ感そのもののようなロックンロール・サウンドとせめぎ合う、KANIVArhythm DANCE CLUB“Sabotage”。清冽なピアノ・トリオ・アンサンブル&迷いなく光へ手を伸ばすような歌声が聴く者の視界をクリアに塗り替える、Qaijff“future”。憂いも願いも大きく吸い込んだ絶唱と、身体と心に焼け付くような3ピースのサウンドが轟くロック・バラード、Super Spreaders“ライト”。狂おしいほどにエモーショナルなメロディとタイトなギター・ロック・サウンドが競い合うように熱く鳴り響く、NOGIKU“ダイヤモンドダスト”。キュートでやわらかな女声ヴォーカルとオルタナティヴなサウンドのコントラスト越しに高純度ポップのセンスが光る、The nonnon“Sally”。ストレートな3ピース・ロックの爽快感に乗せて、現実の「その先」を目指す意志が力強く脈打つ、ハウリングアンプリファー“ナンバー7”。図太い躍動感を描き出すファンク・グルーヴとともに聴く者を熱狂と歓喜の彼方へと導く、the Hedgehog“samsara”。いつ何時でもその歌が鳴った場所を「魂のど真ん中」に変えてしまうほどの雄大な包容力に満ちた、ポラロイズ“風の歌”。コケティッシュな魅力あふれる歌声を軸に、静謐の極致から衝動の果てまでダイナミックな音世界を繰り広げる、Menoz“現代のケモノ”。電子音とエレピが飛び交うミニマルかつ密室的なサウンドスケープの中に秘めやかなユートピアを描き出す、ヤミアガリ“アウトサイド”。研ぎ澄まされたアンサンブル&儚くも凛と揺るぎない歌が無限のイマジネーションを呼び起こす、「RO69JACK 12/13」優勝バンド=RAGOUTの“嘘吐きの世界”。葛藤も苦悩も、カラフルで情熱的な熱唱と燃え盛るロックの推進力に変えて爆走する、ROLLICKSOME SCHEME“SHE:ME”……意欲と才能に満ちた新星たちの2012年のドキュメントにして、ロックの「これから」を指し示す羅針盤でもある今作。以下に掲載されている各バンドのプロフィールと併せて、「原石」と呼ぶにはあまりに眩しいこの16の楽曲の輝きに、ぜひとも一度触れてみていただきたい。(高橋智樹)

プロフィール

01. ainamania
ainamania サンペイシュンスケ(vo&g)/ヨシダユータロー(b)
2012年5月、サンペイシュンスケの前身バンドが活動休止になり、ヨシダユータローを誘い、結成。サポート・ドラマーを加えた3人編成で、福島県郡山市を拠点にライヴ活動を行っている。2013年3月には、audioleafにて新曲『青ひとつない』を発表、期間限定フル公開中。
02. 青空教室
青空教室 上田涼太(vo&g)/上野良輔(b)/岩田有佐(ds&vo)
2006年5月結成、札幌を拠点に活動中の3ピースバンド。ライヴ活動を行いながら、3枚のアルバムと1枚のシングルをリリース。メンバーチェンジを経て、2012年、上野が加わり、現在の体制に至る。2013年6月には、4th album『素晴らしい世界』をリリース。上記のCDは全て、公式サイトから購入可能。また、9月29日には、sound crue(札幌)にてワンマンライヴ「ひかりのよる」を控えている。
03. Alisters
Alisters マクアリスタ 未央(vo)/平井 裕介(g&cho)/杉山 修(g&pc)/五位 一八(b)
2011年、茨城県水戸市で結成。杉山がトラックを制作し、マクアリスタが作詞、歌を入れて音源制作を行い、ライヴでは平井、五位とサポートドラマーの皆川 尚也が入り、5人体制でライヴを行っている。2013年7月には、配信限定シングル『High Life EP』をリリースしている。2013年10月には、2ndシングル『White Wall』及び同月末に初のフルアルバムをリリース予定。
04. Welcome Toxicity
Welcome Toxicity moemoe(vo)/河上”puppy”誠(b&prog)/辻川”wildmozet”郷(ds&mc)
2011年4月、滋賀県で結成された3ピースバンド。2枚のシングルをリリースし、2013年7月31日には、初のミニアルバム『WELCOME TOXICITY』をリリースし、地元・滋賀U★STONEからリリースツアー「『WELCOME TOXICITY』Release Tour ~おどれ!さわげ!SUMMER LAND PATYS!!!~」をスタートさせ、全国12箇所をまわっている。
05. KANIVArhythm DANCE CLUB
KANIVArhythm DANCE CLUB 深野 拓(vo&g)/田中 暢一郎(g)/原田 拓耶(b)/村中 彰(ds)
2007年7月、地元・福岡の大学の音楽サークルで同期だった深野と原田を中心に結成。その後、村中が加わり、2010年9月、自主制作盤1st.アルバム『Welcome to The Future』をリリース。そのレコ発ライヴから、田中が加わり、現在の体制に至る。2012年7月、初の全国流通盤アルバム『All Is Not Lost』をリリース。精力的に楽曲制作及びライヴ活動を行っている。
06. Qaijff
Qaijff 森彩乃(vo&piano)/内田旭彦(b)/三輪幸宏(ds)
2012年3月結成、愛知発のピアノ・トリオ・バンド。池下CLUB UPSETなど、名古屋のライヴハウスを中心に活動中だが、東京や大阪にも遠征を行い、活動の幅を広げている。2013年7月から、新栄APOLLO THEATERにて「Qaijff 6ヶ月連続企画 『for the future 0412』」と題して、コンスタントにライヴ活動を行っている。
07. Super Spreaders
Super Spreaders 飯野達郎(vo&g)/名取健一(b)/穂阪直哉(ds)
2012年結成。前身のバンドからドラムが脱退し、当時ギターを担当していた穂阪がドラムを始め、現在の体制に至る。2011年には、FUJI ROCK FESTIVAL ‘11 ROOKIE A GO GOに出演した。吉祥寺Warpや下北沢屋根裏を中心に都内でライヴを行っていた。2013年は、レコーディングに専念し、11月に初の全国流通盤となる1st アルバム『Hopes』を発売することが決定している。
08. NOGIKU
NOGIKU ケントヒロセ(vo&g)/鈴木聡一郎(g)/川岸誉幸(b)/山村充史(ds)
2010年、音楽専門学校で結成。メンバーチェンジを繰り返し、2012年にはヒロセ、鈴木、山村の三人編成で固まった。SUMMER SONIC 2012、FUJI ROCK FESTIVAL '12にリハーサルアーティストとして参加。RO69JACK 12/13入賞後、2013年3月から川岸をベーシストに迎え、4人編成となった。渋谷を中心に、精力的なライヴ活動を行っている。
09. The nonnon
The nonnon 西脇友美(vo&g)/ナオ(ds)
2012年1月、千葉で結成。千葉ANGAを中心に、都内でもライヴ活動を行っている。2012年には、SUMMER SONIC 2012に千葉枠で出場。当初は、斎藤騎一がベースを担当していたが、2012年12月に脱退し、現在の体制に至る。2013年8月には、新生The nonnonによるミニ・アルバム『me』をリリース。12月には、初ワンマンライヴ「吾輩はノンノンである」を行う。
10. ハウリングアンプリファー
ハウリングアンプリファー サカモト リュウ(g&vo)/植木 大志(b&cho)/マーボー(ds)
2011年1月、中学校の同級生であったサカモトとマーボー、高校の同級生であったマーボーと植木が集まり、大阪で結成された3ピースバンド。主に、大阪は天王寺や堺を中心に、最近では神戸や東京にも活躍の場を広げている。ライヴ会場限定販売で、1stシングル『ナンバー7』、1st EP『心の穴から音が鳴る』をリリースしている。
11. the Hedgehog
the Hedgehog オグラユウタ(vo&g)/TezukaTezute(g)/佐藤の逃げ場(b)/こめたろう(ds)
2011年に結成し、2012年4月よりライヴ活動を開始。2012年11月には、自主制作アルバム『Crossing』 をリリースし、2013年5月にはシングル『革命の狼煙は静かにあがる』をリリース。2013年8月からは、そのシングルリリースを記念し、全国12箇所をまわるツアーを行っている。
12. ポラロイズ
ポラロイズ 川崎 洋輔(vo&g)/倉島 理(g)/中川 達哉(b)/笹沼 陽介(ds)
2009年2月、川崎を中心に本格的に活動開始。ライヴ活動を行いながら、2枚の自主制作アルバムを発表。2012年5月、サポートメンバーとして参加していた笹沼が正式加入し、現在の4人体制となる。同年10月、自身初の全国流通ミニアルバム『ima』を発売。2013年5月には、ライヴ会場限定シングル『見渡せばどうか自身の檻で』を発表し、計13本の全国ツアーを行った。
13. Menoz
Menoz 曜(vo)/手繋(g)/保具(key)/kuma(b)/ゴーゴーU(ds)
2011年1月、東京にて結成した男女5人組。これまで2枚のシングルを発表している。2013年8月2日の新宿Marbleから、10月17日の渋谷O-nestまで、全国17箇所をまわる「2013年のナツ。」ツアーを行っている。本ツアーでは、現在では廃盤となった1stシングルから、新録した『僕らのナツ。(2013年Ver.)』をライヴハウス会場限定で無料配布中。
14. ヤミアガリ
ヤミアガリ 青山香澄(vo&key)/今岡裕輔(b&prog)
2009年9月、広島大学の軽音部で結成。当初は4人編成だったが、メンバーチェンジを経て、現在の2人体制となった。大学卒業後は地元の島根県・松江で音楽活動を続け、2012年4月に上京。現在では、下北沢を中心に関東近郊でライブ活動を行い、2013年は、ミニAL『月と電池』、スプリットAL『あの日あの街に沈めた』、フリーDL配信AL『引力』をリリースしている。
15. RAGOUT
RAGOUT 三浦 聡美(vo&g)/伊藤 雅景(g)/駒場 望(b)/高橋 喜吉(ds)
2010年に千葉で結成。1993年生まれの同級生4人が集まったギターロック・バンド。 千葉、本八幡3rd stage を拠点にライヴ活動中で、東京都内でもライヴを行っている。 2012年末には「RO69JACK 12/13」で優勝、COUNTDOWN JAPAN 12/13に出演した。 2013年8月7日、初・全国流通盤となるミニアルバム『into the crevice.』をJACKMAN RECORDSからリリース。
16. ROLLICKSOME SCHEME
ROLLICKSOME SCHEME ワイコ(vo)/アディ(g)/しおん(g)/ツタガワ(b)/もぐ(ds)
2011年4月、ワイコを中心に結成、東京を拠点にライヴ活動と音源制作を行ってきた。3枚のデモCDをリリースした。その間、2012年8月にメンバーチェンジを行い、もぐが参加。2013年7月17日には、初の全国流通盤となる1st mini album『MAMMY, END-GOLDEN, APPLE』と、disk union限定販売の1st e.p.『DADDY, END-SILVER, APPLE』を同時リリースした。