これから必ず“来る”ロックがここに大集結。
ロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・コンテスト
「RO69JACK 2014」優勝・入賞アーティスト全26組中13組収録!
コンピレーション・アルバム、シリーズ11作目の赤盤!

JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.11 -赤盤-
『RO69JACK 2014』

ROJR-0043 定価 ¥639+税(税込 ¥690)
2015.7.1 リリース
 
                                
mu-mo
  • 1. Attack Come Backer 『Just Like』
  • 2. ATLANTIS AIRPORT 『AnTi pOp ARt (RO69JACK ver.)』
  • 3. the unknown forecast 『携帯電話』
  • 4. イロムク 『恋煩い』
  • 5. theULTRALEA 『少年ナイフ』
  • 6. ORIE 『汚れアリ』
  • 7. グッバイフジヤマ 『赤い自転車』
  • 8. the quiet room 『Humming Life』
  • 9. 軍艦オクトパス 『トウメイカメラ』
  • 10. コトバセレクト 『For Two』
  • 11. 今後ぎつね 『沿岸を走る』
  • 12. SAPPY 『Swimming Night』
  • 13. 鳴ル銅鑼 『阿』
>スマートフォンからの音源試聴はこちら


ディスクレヴュー

「その先」を渇望する、ロックの新たな輝き

これまでplenty/WHITE ASH/真空ホロウ/東京カランコロン/忘れらんねえよ/indigo la End/キュウソネコカミ/LAMP IN TERRENなど、ロック・シーンにおける「アマチュア・アーティストの登竜門」として、シーンの「今」と「これから」を切り拓く新たな才能を世に送り出してきた、ロッキング・オン主催のコンテスト「RO69JACK」。各開催回ごとに優勝/入賞アーティストの楽曲を作品化してきた「RO69JACK」コンピレーション・シリーズの第11弾となる今回のリリースが、初の『赤盤』『青盤』2枚同時発売・トータル26曲(うち優勝者の楽曲6曲)に及ぶという充実ぶりも、同コンテストへの認知と期待を如実に物語っている。が、その『赤盤』『青盤』を新たな時代を指し示す名盤にしているのは、何よりその音楽そのものだ。ということが、この『赤盤』からもリアルに伝わることと思う。

「RO69JACK 2014」優勝/入賞アーティスト全26組のうち13組の楽曲をコンパイルした今作『赤盤』。ATLANTIS AIRPORTの極彩色プログレッシヴ・ポップ“AnTi pOp ARt(RO69JACK ver.)”、灰色の日常を歌ものロックの王道感へ昇華するthe quiet room“Humming Life”、鳴ル銅鑼のソリッド&ワイルドなダンス・ロック“阿”――といった優勝アーティストの楽曲が、すでにシーンで唯一無二の存在感を発揮しつつあるその才気をはっきり証明しているのはもちろん、驚かされるのはその他の入賞アーティストたちの層の厚さだ。

ラウド&メロディアスな熱量あふれるAttack Come Backer“Just Like”。シニカルな妖気とロックのダイナミズムがとぐろを巻くthe unknown forecast“携帯電話”。「女々しい系」な歌詞とヴァイタリティあふれるサウンドがせめぎ合うイロムク“恋煩い”。言葉とアンサンブルのエッジ感が聴く者の魂を研ぎ澄ませるtheULTRALEA“少年ナイフ”。ギター・ロックの躍動感の高純度結晶のようなORIE“汚れアリ”。情熱も衝動もモダン・ポップの多幸感として響かせるグッバイフジヤマ“赤い自転車”。アヴァンギャルドなポップを描くWヴォーカルの鍵盤3ピース=軍艦オクトパス“トウメイカメラ”。丹念に磨かれたシンプルな歌がマジカルな包容力を生み出すコトバセレクト“For Two”。フォーキーな質感の歌にハード・ロック/ジャズのエッセンスが滲む今後ぎつね“沿岸を走る”。エレクトロ・ポップの輝度の果てにHAPPYとSADが弾け回るSAPPY“Swimming Night”……どのアーティストの音も、「誰も体験したことのない音楽」へ向けて全力で咲き誇っているし、ロックの「その先」を開拓する無限の可能性に満ちている。同発の『青盤』とともに、シーンの行方を占う上での超重要盤。今の時代が生んだ歌と音を、あなた自身の耳で、心で感じていただければと思う。(高橋智樹)

プロフィール

01. Attack Come Backer
Attack Come Backer Jun(vo)、Shima(g)、Maasuu(g)、suD(b)
2012年、Jun(vo)とShima(g)を中心に結成。2013年9月、suD(b)が加入し、同年12月、立川BABELにて自主企画ライブ「Riot in Carnival Vol.1」を開催。同時に1st Demo「Never say Never」を、2014年12月「Within the Time Limit」をリリース。2015年3月、Maasuu(g)が加入。サポートドラムを迎え、渋谷CYCLONEにて「Riot in Carnival Vol.4」を開催し、5人体制での活動を再開させる。
02. ATLANTIS AIRPORT
ATLANTIS AIRPORT sonezaki(vo)、y0den(key)、BONO(b)
2011年夏、結成。東京都内で活動をスタート。2013年3月、「A[]Passport-EP」をリリース。2014年6月、「A [ ] Passport-EP+2」をタワーレコード池袋店限定でリリース。同年8月にタワーレコード全国展開が決定、タワレコメンに選出される。2015年4月、1st Mini Album『a [360°] Cosmic Flight』をリリースし、HMVが推薦する新人アーティストであるエイチオシに選出される。
03. the unknown forecast
the equal lights 幡野友暉(vo&g)、岡村耕介(g)、細川雅弘(b)、伊藤優太(ds)
2010年、幡野(vo&g)と岡村(g)を中心に結成。のちに伊藤(ds)が加入し、名古屋を拠点に活動を行う。2010年11月、1st E.P「雨/奴隷」をリリース。2011年3月、1st Mini Album『the unknown forecast』をリリース。2012年8月、細川(b)が加入。2013年4月、初全国流通盤となる2nd Mini Album『オークション』を、2014年4月には2nd E.P「携帯電話」をリリース。そして2015年2月には、1st Single 「命の屍」をリリースし、同年3月、池下CLUB UPSETでリリースツアーファイナルであるワンマンライブを行った。

04. イロムク
イロムク 藤沼健(vo&g)、辻秀和(g)、小澤廣人(b)、與那城(ds)
2013年5月東京にて結成。2013年9月、初の共同自主企画ライブ「25時25祭」を開催。2014年1月、「恋煩いe.p」をiTunesよりリリース。2014年9月に共同自主企画ライブ「曇りの惑星vol.1」を開催。2014年9月「ネイル/少年A e.p」をリリースした。
05. theULTRALEA
theULTRALEA 秋路ヒラク(vo&g)、SENA(g&cho)、やまね(b&cho)、璃來(ds)
2013年に滋賀県にて結成。9月には初となる音源作品「u.l.e.p」をリリース。2014年3月に「MASH A&R Vol.3」2月度マンスリーアーティストに、8月には「eo Music Try 2014」一次審査46組に選出。9月には1st Mini Album 『iraw』をリリース。2015年1月にはSMA主催ライブオーディション「HARE NOVA」vol.6に出演した。2015年5月から、「Judas」、「Lennon」、「Ashley」の三部作リリースが決定、全25ヶ所のロングツアーを発表している。
06. ORIE
ORIE わかつき(vo&b)、松川育人(g&vo)、辰己ケント(g&cho)(ds)
2013年4月に結成。東京都内を中心に活動をスタート。同年6月に初ライブを行い、11月には1st Demo「汚れアリ」をリリース。「RO69JACK 2014」をはじめ、「MASH A&R」、「HARE NOVA」、「RO69JACK 2014」、「Evolution!Generation!Situation!」などのオーディションで勝ち上がり名を残す。2014年9月には2nd Demo「SunsetSign」をリリースした。
07. グッバイフジヤマ
グッバイフジヤマ 中山卓哉(vo&g)、小島"lue"秀和(g)、中澤健介(b)、高原星美(ds)
2011年より中山(vo&g)と中澤(b)を中心に東京で活動開始。2013年4月、初の全国流通盤となるSingle「いつも飛んでる♪」をリリースし、オリコンインディーズシングルランキング16位に入る。同年12月、下北沢SHELTERで行った初ワンマンライブはSOLD OUT。2014年1月、1st Mini Album『5人はアイドル』をリリース。8月には「SUMMER SONIC 2014」に出演。9月に「ひばりくんの憂鬱ep.」をリリースした。
08. the quiet room
the quiet room 菊池遼(vo&g)、斉藤弦(g)、前田翔平(b)
2011年茨城県水戸市で結成。「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2011」で優秀賞とオーディエンス賞を授賞。「閃光ライオット2013」では決勝進出。自主制作盤4枚で計4000枚を完売。2015年1月には、初の全国流通盤となる1st Mini Album『Life is wonder』をリリースし、オリコンインディーズアルバムランキングで7位を記録。同年2月に渋谷eggmanで行われた初のワンマンライブはSOLD OUT、300人を動員した。
09. 軍艦オクトパス
 軍艦オクトパス 片岡ヒロシゲ(b&vo)、大越なつこ(vo&key)、郷田大貴(ds&cho)
2009年8月に東京都で結成。2010年に1st Demo「MODE2」をリリース。その後2011年4月には2nd Demo「set the scene」を、そして2012年1月には3rd Demo「街 e.p.」をリリースした。同年11月1st Mini album『パノラマの向こう側』をリリースするも、2015年6月、下北沢MOSAiCでのワンマンライブをもって解散することを発表した。
10. コトバセレクト
 コトバセレクト 鄭映恩(vo)、石居悠大(g&cho)
2008年からソロで活動していた鄭映恩(vo)が、2012年に石居悠大(g&cho)と出会い、東京で活動をはじめる。DJユニットとして都内各所のパーティーにも出演。自主企画クラブイベント「FEET OFF THE FLOOR」を主催している。現在はサポートメンバー2名を迎え、4人編成でライブを行っている。
11. 今後ぎつね
今後ぎつね 犬居匠(vo&g)、まつはし(b)、えってぃ(ds)
2012年10月に大阪で結成。2013年から2014年にかけて神戸を拠点に精力的に活動を始める。2013年6月、初の2曲入りSingleを、同年12月に、1st Mini Album『ルネサンス』をリリース。2015年3月にはSingle「トレンド」を発表し、レコ初ライブ「今後ぎつね大感謝祭」を開催した。
12. SAPPY
SAPPY さっぴ(vo)、樽本涼平(g)、本田たくと(key)、吉田依世(b)、横正友哉(ds)
2012年、さっぴ(vo)と樽本(g)を中心に結成し、関西を拠点に活動をスタート。2013年、「COMIN'KOBE13」に出演。「MASH A&R vol.2」ではファイナリスト6組に選出。2014年2月、1st ALBUM『TEENAGE POPS!!!』をリリース。夏には「見放題2014」に初出演。さらに「eo MUSIC TRY2014」では一次審査通過46組に選出された。2015年3月には、「かけだしてく」E.Pをリリースし、南堀江knaveにて、レコ発ライブ「さよなら、CITY POP」を開催した。
13. 鳴ル銅鑼
 鳴ル銅鑼 三輪和也(vo&g)、蒲信介(g&cho)、グローバル徹(b)、リョウヘイさん(ds)
2013年3月岐阜県で結成。2014年2月に開催した自主企画ライブ「平成シンポジウム」、7月に開催した初ワンマンライブ「上等ワンマン」は共にSOLD OUT。7月には配信音源「電波」をiTunesStoreにて配信リリース。また、11月にcinemastaff企画「OOPARTS」に出演。2015年1月にはZepp NAGOYAにて開催された「ZIP-FM presents.RADIO 2015」で、THE BACK HORN、[Alexandros]のOpening Actを努める。そして5月に、初の全国流通盤となる1st Mini Album『無知』をリリースし、リリースツアーを行う。