ロックの原石は必ず宝石になる!
ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 2015」優勝・入賞アーティスト全30組中15組収録!
コンピレーション・アルバム、シリーズ13作目の青盤!

JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.13 -青盤-
『RO69JACK 2015』

ROJR-0052 定価 ¥639+税(税込 ¥690)
2016.1.20 リリース
 
                               
mu-mo
  • 1. NEVERSTAND 『Heavy Rain』
  • 2. パノラマパナマタウン 『いい趣味してるね』
  • 3. 秒針 『水溜まりに映る碧』
  • 4. PEIGY 『Cry Baby Cry』
  • 5. ペペッターズ 『Inter』
  • 6. BOYS END SWING GIRL 『Stray Sheep』
  • 7. ポタリ 『JUST!』
  • 8. まちぶせ 『マジごめん』
  • 9. 無限大 『約束』
  • 10. MOLE HiLL 『変わりゆく世界と君』
  • 11. もしもしくじら 『海へ』
  • 12. ユリイカ 『バースデイ』
  • 13. Lingua Franca 『KiSS THE DUST』
  • 14. room12 『無論、死ぬまで』
  • 15. lawrence 『sputnik』
>スマートフォンからの音源試聴はこちら


ディスクレヴュー

ロックへの愛でロックに挑む、新世代の闘志の結晶

ロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK」の優勝アーティストは、これまでにも「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「COUNTDOWN JAPAN」といったロックフェスのステージを足掛かりに次々とシーンへと羽ばたいていった。2015年8月の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」ではindigo la End/宇宙まお/キュウソネコカミ/Suck a Stew Dry/真空ホロウ/東京カランコロン/plenty/WHITE ASH/魔法少女になり隊/LAMP IN TERREN/Rhythmic Toy World/忘れらんねえよといった12組の「RO69JACK」出身アーティストが凱旋出演を果たしている。そして……その同じフェスの舞台には、2015年夏のコンテスト「RO69JACK 2015」を勝ち抜いた優勝アーティストも登場。ロックシーンの「今」と「これから」がせめぎ合う灼熱の時間が、そこには確かに繰り広げられていたのである。

その「RO69JACK 2015」の入賞アーティスト30組の楽曲を2枚のコンピ盤にパッケージした、『RO69JACK 2015 -赤盤-』『RO69JACK 2015 -青盤-』。今作はその『青盤』だ。秒針/BOYS END SWING GIRL/room12/lawrenceの切迫した音像の中でせめぎ合う、メロディアスな歌とオルタナティヴ・ロックのマインド。無限大/Lingua Francaがアグレッシヴに展開する、ラウド〜ミクスチャーの「その先」の地平。ペペッターズ/まちぶせが鳴らす、3ピース・ロック突然変異体的な驚きと感激。ポタリ/もしもしくじらの伸びやかな歌が放つ極彩色ポップの爽快感。豊潤なブルースをカラフルに聴かせる異才シンガー=PEIGY。MOLE HiLLのエモーショナルなパンクの訴求力。ユリイカが純白のギター・サウンドで描く切実な風景……それらの楽曲ひとつひとつが、時代を前へ先へと突き動かそうとする想いに満ちている。

そして。この『青盤』には、優勝アーティスト4組の中から2組、大阪発メロディック・パンク精鋭4人組:NEVERSTAND、神戸の「都市型オフェンシブライムビート集団」ことパノラマパナマタウンの楽曲が収録されている。パンクの肉体性にロックンロールもダンスもエモも過積載してシーンど真ん中を爆走するようなヴァイタリティに満ちた、NEVERSTAND“Heavy Rain”。ジャパニーズ・オルタナの系譜を血肉化しつつ、独自のセンスでもって自由闊達な異次元オルタナ・ミクスチャー的世界を作り上げてみせる4ピース=パノラマパナマタウンの“いい趣味してるね”。音楽への惜しみない愛と情熱と、既成のフォーマットを乗り越えようとする闘争心が、その音からあふれ出してくる。日本のロック・ヒストリーの新章がここから始まる――そんな手応えを今作は与えてくれるはずだ。(高橋智樹)

プロフィール

01. NEVERSTAND
NEVERSTAND 小路知也(vo&g)、横井優(g&cho)、岡本卓馬(b)、松本嘉一(ds)
2012年4月結成。翌年3月、松本嘉一(ds)が加入し、現在の4人体制に。2014年9月、1stミニアルバム『Stand by.』を発売。2015年、関西のライブハウスプロデュースによる「十代白書」にてグランプリを取得。9月、「KANSAI LOVERS 2015」のオープニングアクトとして、またFM802主催「MINAMI WHEEL 2015」など、多数のフェスに出演した。
02. パノラマパナマタウン
パノラマパナマタウン 岩渕想太(vo&g)、浪越康平(g)、田野明彦(b)、田村夢希(ds)
2014年1月、大学の軽音楽部で結成。 同年6月に1st EP「ロールプレイングep」を発売し、8月には西日本を中心にツアーを回る。2015年6月、2nd EP「パノラマ」を発売。10月、FM802主催「MINAMI WHEEL 2015」に出演。12月には20組ものアーティストを集めた自主企画フェス「パナフェス!!2015」を開催する。
03. 秒針
秒針 kino(vo&g)、黒田健吾(g)、小野寺一貴(b)、徳永優(ds)
2013年3月結成、京都を中心に活動。同年10月に1stシングル「無実/hope」を発売、同時に初の自主企画「音の在処」を京都 GROWLYにて開催。2014年12月、小野寺一貴(b)が加入。同時に2ndシングル「雲のすきまより」を発売。2015年3月、二度目の自主企画「雲の隙間から覗く碧」を開催した。

04. PEIGY
 PEIGY PEIGY(vo&g)
高校在学中の2010年、テレビ朝日系「ストリートファイターズ」の主催イベント「Hジェネ祭り」に参加。これを機に本格的に楽曲制作を始めるとともに、地元の秦野駅や水無川の河原での路上ライブを開始。2013年9月、1stミニアルバム『20』をタワーレコード限定盤として発売した。
05. ペペッターズ
ペペッターズ 広村康平(vo&g)、中西幸宏(b&cho)、國乘豪(ds&cho)
2011年、4月結成。2013年11月、神戸VARIT.にて初の自主企画「ペペッターナイト〜ロジックはライフでルー〜」を開催。2015年3月、2年前に制作し、廃盤になっていた初の自主制作音源「アスザプラリシング」がタワーレコード神戸店、梅田NU茶屋町店、梅田大阪マルビル店にて再販売開始。「COMIN'KOBEオーディションフクロノネズミ2015」にてグランプリを受賞し、「COMIN'KOBE15」に出演した。
06. BOYS END SWING GIRL
BOYS END SWING GIRL 冨塚大地(vo&g)、鍔本隼(g)、白澤直人(b)、飯村昇平(ds)
2012年3月、現メンバーで活動開始。翌年11月、島村楽器主催コンテスト「HOTLINE2013」でジャパンファイナル出場アーティスト12組の中に選出される。2014年6月、SMA主催ライブオーディション「HARE NOVA」にてファイナルに進出。2015年7月、大阪アメリカ村周辺にて開催する「見放題2015」に出演した。
07. ポタリ
ポタリ 鈴木奈津美(vo)、中西詠美(g)、内田愛子(b)、茄子川(ds)
鈴木奈津美(vo)、中西詠美(g)を中心に結成。2010年5月、茄子川(ds)が加入。2012年7月、サポートに内田愛子(b)を迎え、サンデーフォークプロモーション主催「TANK! The AUDITION 2012」優勝。その後、正式メンバーに加入。2015年9月1stアルバム『ポタリ』発売。同年11月、渋谷TSUTAYA O-Crestにて「ポタリing TOUR 2015 ~秋にはどっさり収穫祭~<東京初ワンマン編>」を開催した。
08. まちぶせ
まちぶせ 野々山領(vo&g)、井上昭紘(b)、南條暢也(ds&MC)
2010年12月結成。2013年、スペースシャワー主催オーディション「DayDreamBeliever」FINAL SELECTIONに出場するなど、以降、数々のオーディションで入賞を果たす。同年7月、ミニアルバム『ヒツジかぞえる狼 EP』、2014年4月にフルアルバム『Be Yourself To Rebel』を発売。2015年、ライブ会場限定EP「Too Late To Be Sorry」、「Sitting Up All Night」を発売した。
09. 無限大
 無限大 SASA(vo)、E-show(vo&g)、SONO(g)、Shun(b)、涼雲(ds)
2013年10月にE-show (vo&g)の呼びかけにより、幼なじみ5人が集まり結成。 翌年6月、1st シングル「ONE」を発売。2015年1月にはmito LIGHT HOUSEにて自主企画「ハンパねぇー Vo.1」を開催。同日に2nd シングル「約束」を発売。9月には「THE SALA PRESENTS 東日本大震災復興祈願野外フェス『Place2015』」に出演した。
10. MOLE HiLL
MOLE HiLL 新大作 (vo&g)、西真 (g&cho)、上田忠寛(b&cho)、山本義夫(ds&cho)
2002年結成。2008年、10-FEET主催「京都大作戦2008」に出演。ROTTENGRAFFTY主催「ポルノ超特急2009~春の陣~」や関西のライブハウスプロデュースによる「KANSAI LOVERS 2013」など多数のフェスに出演。FM802主催「MINAMI WHEEL」にも過去3回出演している。これまでに1枚のシングルと6枚のミニアルバムを発売。2015年、ライブ会場限定で7thミニアルバム『Release』を発売した。
11. もしもしくじら
もしもしくじら さかきばらあゆみ(vo&g)、しらいゆま(b)、さかもとしゅん(ds)
2014年3月、もしもしくじらとして活動開始。同年8月、 SMA主催ライブオーディション「HARE NOVA」ファイナリスト6組に選出される。12月、下北沢CLUB Que にて初のDAY ワンマン 「午後12 時の白昼夢」を開催した。これまでに3枚のシングルをライブ会場限定で発売。2015年9月、スリーピース編成での活動を開始。自主企画のライブを定期的に行っている。
12. ユリイカ
ユリイカ オカモトマキ(vo&g)、カクアゲヨウ(ds)
2014年3月活動開始。同年、MASH A&R主催「MASH A&R vol.3」にて、2月・10月のマンスリーアーティストとして二度選出されるなど、数々のオーディションで入賞。同年9月、diskunionでオススメアーティストとして1st デモ「バースデイ」、12月に2nd デモ「東京が泣いている」が特集され、両盤とも販売即日に完売した。
13. Lingua Franca
 Lingua Franca コウヘイ(vo)、カカズ(g)、ケイゴ(b)、ニキタ(ds)
2011年結成。都内、神奈川・厚木市を中心に活動開始。2014年、shibuya eggman主催「murffin discs LABEL AUDITION LIVE -2014-」に入賞、12月にオーディションライブに出場した。これまでに2枚のデモシングルと、EPを1枚発売。2015年8月、2曲入りシングル「gray zone」を無料配布と無料配信で発表した。

14. room12
 room12 平野太樹(vo&g)、武内亮(g)、高山和久(b)、官野舎(ds)
2009年、高山和久(b)を中心に結成。2011年4月から自主企画「弱イ犬ホドヨク歌ウ」を定期的に開催。2015年8月全国流通となる2nd EP「花葬」を発売し、shibuya eggmanにてワンマンライブ「"花葬"〜発売単独公演〜」を開催した。12月、TSUTAYA O-Crestにてワンマンライブ「独壇ト変幻〜ドレスコードは黒で〜」を開催する。

15. lawrence
lawrence 西岡大貴(vo&g)、平野雄大(b)、中川航(ds)
2013年結成。2014年6月、ミニアルバム『CALL』をタワーレコード名古屋パルコ店限定で発売。同年9月、残響祭オーディション名古屋公演 最優秀アーティストに選出され、「残響祭」名古屋公演のオープニングアクトに抜擢。2015年に現在の体制となる。7月、ミニアルバム『FLOWER』をタワーレコード東名阪4店舗限定で発売した。