見取り図であると同時に宝の地図でもある、そんな一枚です。
ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN」優勝・入賞アーティスト全28組中14組収録!
コンピレーション・アルバム、シリーズ14作目の青盤!

JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.14 -青盤-
『RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN』

  • 1. ゴードマウンテン 『空虚な感覚』
  • 2. Takaryu 『Save (with 初音ミク) [2014 demo mix]』
  • 3. TRY TRY NIICHE 『initiation』
  • 4. ナマニエルボーイズ 『インスタント!』
  • 5. Nina lovegood 『Non Finito』
  • 6. ヌ・シャボンヌ 『星のありか』
  • 7. 眠らない兎 『大丈夫』
  • 8. HILANDERS 『All You Need Is Other』
  • 9. ファジーロジック 『エメラルド』
  • 10. flower in the vasement 『faded』
  • 11. HEADLAMP 『THE SUMMER OF SPRING』
  • 12. メランコリック写楽 『ヨーロッパ返して』
  • 13. ヨルニトケル 『dilemma(only mine)』
  • 14. わたしのねがいごと。 『夜の月』
>スマートフォンからの音源試聴はこちら


iTunes Storeにおいて、配信楽曲の一部タイトルに誤りがありました(M-5,6,7)。2016/7/8(金)9時以降は正常に配信されていることを確認しております。
2016/7/6(水)0時~7/8(金)9時の間にダウンロードされた方は、対象楽曲を削除し、再ダウンロードをして下さい。
該当時間に本作品をご購入、ダウンロードしてくださった皆様、また関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。



ディスクレヴュー

14の楽曲が響かせる、ロックの「今」と「これから」

今や日本最大級のロックの祭典としてシーンに定着している2大音楽フェス=「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「COUNTDOWN JAPAN」には、「幅広いジャンルとスタイルの音楽が出揃う祝祭空間」としての唯一無二の快楽性とともに、もうひとつ大きな醍醐味がある。ロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・コンテスト=「RO69JACK」出身アーティストが、「ひと回りもふた回りも大きな存在となって、万感の想いとともに力強い“凱旋公演”を果たす」姿を目撃できることだ。

昨年末に行われた「COUNTDOWN JAPAN 15/16」でも、indigo la End/宇宙まお/ALL OFF/キュウソネコカミ/Suck a Stew Dry/東京カランコロン/plenty/WHITE ASH/魔法少女になり隊/LAMP IN TERREN/Rhythmic Toy World/忘れらんねえよ といった「RO69JACK」出身者たちが、4日間にわたるフェスの随所で熱演を繰り広げていた。そして……そんな次世代アーティストの登竜門的コンテスト=「RO69JACK」から飛び出し、同フェスにまた新たな旋風を巻き起こしたバンドがいた。昨年冬に開催されたコンテスト「RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN」の優勝者たちである。

「RO69JACK 2015 for COUNTDOWN JAPAN」の入賞楽曲28曲を収めたコンピ盤2作品=『赤盤』『青盤』のうち、優勝アーティスト2組:ゴードマウンテン/Takaryuをはじめ計14組の楽曲を収録した今作『青盤』。ファンキー&ダンサブルなビート、センチメンタルな歌メロに、あふれ返る情熱で制御不能なドライブ感を与えてみせる、ゴードマウンテン“空虚な感覚”。いっぽう、当時16歳・高校1年生で同コンテスト初のトラックメーカーの優勝者となったTakaryuが、ボーカロイドを駆使した“Save(with 初音ミク)[2014 demo mix]”でミステリアスなポップの先鋭性を描き出しているのも興味深い。

さらに今作には、上記2組以外にも12組の期待の星=入賞アーティストがひしめいている。ロックのエモーショナルな爆発力の限界を押し広げる、TRY TRY NIICHE/Nina lovegood/flower in the vasementのダイナミックな音像。ファジーロジックの鋭利なダンスロック、ヨルニトケルの幽玄なるギターロックが繰り広げる、メランコリック&ドラマティックなカタルシス。眠らない兎/HEADLAMP/メランコリック写楽が伸びやかに編み上げる「歌モノ」の美学。ラウドロック〜ミクスチャーを新次元へ導くHILANDERS。ナマニエルボーイズの超開放型ヒップホップ、わたしのねがいごと。の透明感と浮遊感が生み出す、ポップの「その先」の世界。「RO69JACK 13/14」でも入賞を果たしたヌ・シャボンヌが、格段に磨きのかかった歌謡シューゲイザー的世界を展開しているのも見逃せない。ロックの「明日」は、ここにある――そんな実感に満ちた1枚だ。(高橋智樹)

プロフィール

01. ゴードマウンテン
ゴードマウンテン あっきゅん(vo&g)、やっすー(g&cho)、たか(b&cho)、でーもんほった(ds)
2011年6月、前身バンドを結成。2012年、ヤマハグループ主催のコンテスト「The 6th Music Revolution OSAKA FANAL」に進出。翌年、ティーンズライブオーディション「悪魔の子供2013」を勝ち抜き、「COMIN’ KOBE13」に出演した。2015年10月、FM802主催「MINAMI WHEEL 2015」に出演。2016年3月、初の全国流通盤2ndミニアルバム『ENISHI』を発売。
02. Takaryu
Takaryu Takaryu(key&DJ)
2014年7月活動開始。エレクトロニックミュージックを主とするトラックメイカー。ネットレーベルなどを通して作品を発表している。
03. TRY TRY NIICHE
TRY TRY NIICHE ヲクヤマ(vo&pf)、柴山大樹(g)、たなべあきら(b)、ゆーみん(ds)
2015年7月、活動開始。11月、1stEP「open the door」を発売。それを記念し、2度目の自主企画を開催。130人以上を動員する。同年、MASH A&R主催「MASH FIGHT Vol.4」に出演。また、2016年1月、SPACE SHOWER TV主催オーディション「DayDreamBeliever」にてグランプリを獲得。「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2016 」ツアーファイナルに、オープニングアクトとして出演した。2016年7月に全国流通盤1stミニアルバム『FLOWERING』を発売予定。

04. ナマニエルボーイズ
 ナマニエルボーイズ MICお兄さん(MC)、SWINGBOW(MC)、MC妖怪(MC)、名称未設定(MC)
2011年10月、MICお兄さん(MC)とSWINGBOW(MC)で結成。都内を中心にライブ活動を行う。その後、MC妖怪(MC)と名称未設定(MC)が正式加入し、現在の4人体制となる。2012年10月、1stアルバム『阿佐ヶ谷でランデブー』を発売。2015年8月、2ndアルバム『インスタント!』を発売し、レコ発「リリース記念〜SHIMOKITA HAPPINESS〜」を下北沢mona recordsにて開催した。
05. Nina lovegood
Nina lovegood 森山僚太(vo&g)、清水宥人(g)、奥田一馬(b)、米内爽太郎(ds)、齋藤太雅(key)
2013年10月結成、都内を中心に活動。2014年9月、同年代バンドとともに「ぼくらのウォーゲーム」を渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催。同時に初の自主制作音源1stEP「Storyteller」を発売。2015年6月、両A面シングル「Luna/Non Finito」を発売。9月、渋谷TSUTAYA O-Crestにてレコ発ツアーファイナル「Phase of the #779 vol.2」を開催。チケットはソールドアウトとなる。2016年4月、初の全国流通盤ミニアルバム『Neutral』を発売。
06. ヌ・シャボンヌ
ヌ・シャボンヌ 松本愛美(vo&b)、タキガワヨシノブ(g)、ナンリチホ(g&cho)、たっくん(ds)
2012年、結成。九州、山口を中心にライブ活動を行う。RO69JACK 13/14入賞。2014年9月、1stミニアルバム『短篇集』をライブ会場にて発売。幾度かメンバーチェンジを経て、2015年10月、全国流通盤2ndミニアルバム『雛罌粟の夢 -上-』、2016年4月、3rdミニアルバム『雛罌粟の夢-下-』を発売。同月、タキガワヨシノブ(g)が脱退した。
07. 眠らない兎
眠らない兎 あやめ(vo)、健一(g)、ko-zi(b)、ミヤザキコウ(ds)
2014年7月、あやめ(vo)を中心に結成。10月、初ライブである自主企画「不眠夜」を千葉STARNITEで開催。企画ライブ「不眠夜Vol.3」では1stシングル「大丈夫」限定100枚を即日完売させた。2016年3月、ワンマンライブ「ワンマンやって何が悪い!夢と君と現実と」を千葉STARNITEにて開催。200人集まらなければ解散と宣言し、298人を動員した。
08. HILANDERS
HILANDERS マツイヒロキ(vo&g)、サイモン(g)、パオ(b)、キムラアキヒロ(ds)
2015年5月、マツイヒロキ(vo&g)を中心に結成。都内を中心に活動する。これまでに3枚のシングルを発売。その内、1stシングル「All You Need Is Other」は予約時点で完売。2016年、1stミニアルバム発売予定。
09. ファジーロジック
ファジーロジック 西田圭稀(vo&g)、荒木健太(g&cho)、服部帆花(b&cho)、宮園拓弥(ds&cho)
2007年、結成。2010年10月、「COMIN’KOBE10 ABS BAND COLLECTION」に出演。また、FM802主催「MINAMI WHEEL」に2011年から2014年まで連続出演。2011年より3年連続で入場規制がかかる。2012年4月、初の全国流通盤ミニアルバム『Tid』を発売。同年、MASH A&R主催「MASH A&R 2012」7月度マンスリーアーティストに選出された。2014年11月、全国流通盤ミニアルバム『EPISODE』『MOVIESTAR』を2枚同時発売した。
10. flower in the vasement
flower in the vasement 渡邉望(vo&syn)、新垣拓朗(g&syn)、齋藤準基(b&syn)、吉川卓(ds)
2009年、活動開始。2015年、MASH A&R主催「MASH FIGHT! 夏のセミファイナル2015」出演。同年10月、SPACE SHOWER TV主催「DayDreamBeliever」2次選考に進出。また、JFL presents LIVE FOR THE NEXTオープニングアクトオーディションを勝ち抜き、YEN TOWN BAND、Lily Chou-Chou、amazarashiのオープニングアクトとして出演。2016年5月、3rdシングル「deep deep april」を発売した。
11. HEADLAMP
HEADLAMP 平井一雅(vo&g)、生松圭悟(g&cho)、白石浩輝(b&cho)、武村奏(ds)
2009年4月、高校の同級生で前身バンドを結成。「閃光ライオット 2012」ではファイナルステージへと進出。2013年8 月、ESAKA MUSEにてワンマンライブを行い、400人以上を動員。2015年2月から9月にかけて自主制作シングルCD3枚をライブ会場にて発売。2016年1月、Battery Recordsより大阪のTOWER RECORDS 4店舗限定シングル「TONIGHT/Re&member」を発売した。
12. メランコリック写楽
メランコリック写楽 ももす(vo&g)、甘酒(g&cho)、ノモトクン(b)、横ピーTHEグルーヴマスター(ds&cho)
2015年4月、活動開始。6月、1stEP「みんなに見られてる」をひっさげ、初ライブ&初企画「サイケポップメンヘラビームVo.1」を新宿motionにて開催。8月、MASH A&R主催「MASH FIGHT! 夏のセミファイナル2015」に出演。2016年5月、2ndEP「感動の名場面」を発売し、東名阪ツアーを開催。
13. ヨルニトケル
ヨルニトケル 布施達暁(vo&g)、野月悠平(g)、木野浩之(b)、高橋洋祐(ds)
2011年8月、結成。都内を中心に活動。2013年11月より自主企画「夜更かし」を開催。 2016年3月、渋谷club乙にて初のワンマンライブ「pictured black heaven -drag on black tour final ONEMAN -」を開催した。同時に、限定シングル「tokyonize」をライブ会場より発売開始。チケットはソールドアウトした。

14. わたしのねがいごと。
わたしのねがいごと。 ろみ(vo)、ひかる(g&cho)、ちほこ(key)
2014年6月、ろみ(vo)、ひかる(g&cho)で結成。都内を中心に活動。2015年10月、ちほこ(key)が加入し、1stデモ音源「わたしのねがいごと。黒盤」を発売。2016年2月、2ndデモ音源「記憶」をひっさげて初の自主企画「〈ちょこっとねがいごと。〉」を下北沢Lagunaにて開催。同年4月、女性シンガーソングライターのみのサーキットフェス「HUG ROCK FESTIVAL」に出演した。